お悩みQ&A

私立中学は勉強が好きな子ばかりが集まるもの?

そんなことはありません。

国際教育や医学系に強いなど勉強面で特色のある学校もありますが、スポーツが盛ん、特殊な文化部があるなど部活動が盛んな学校も。やりたい部活がある、学校の雰囲気が好き、など勉強面以外で私立中学を選ばれる方もたくさんいます。
学費ってどのくらいかかるもの?公立中学との差は?

学校によって異なります。

公立中学の学費は一律ですが、私立中学は学校ごとに設備備や教育・行事などが異なるため、入学金や学費等の費用も異なります。詳しくは「愛知私立中学ガイドブック」にてご紹介しています。

資料請求はこちら

私立中学を考える人は、最初から公立中学を考えていないもの?

公立中学も考える人が約半数います。

公立中学は家から近い学校へ小学校の友だちと一緒に通うことになるため、迷われる方が多いのも事実です。それでもお子さん本人の希望で私立中学を目指しながらも、志望校に合格できなかった場合に公立中学へ行く選択肢を残しているようです。

体験談を見る

どの学校にもいいところがあり、選ぶのに迷ってしまいます。

私立中学進学の目的がひとつである必要はありません。

ただし、目的に優先順位をつけていくことで、家庭の教育方針が明確になっていきます。それと、各学校が展開している教育活動を照らし合わせれば、相性の合う学校が見えてくるでしょう。
小学校までの友達とは別の学校になりますが、よい友達にめぐりあえるでしょうか?
入学後のアンケートによると、非常に高い確率で「よい友達にめぐりあえた」という回答が返ってきています。
中高一貫教育のメリットのひとつに、友達とも6年間の長いスパンで付き合えるということがあります。卒業しても友情が続く、よい関係が育めたという声はよく聞きます。
受験対策としてしておいたほうが良いことはありますか?

日々の勉強を大切にしてください。

小学校の授業で学ぶ基礎学力は、最低限必要な学力でもあります。
まずは親子の意思疎通です。私立中学受験では何より学校選びが重要ですから、まずは多くの情報を収集し、できれば多くの学校を訪問し、お子さん自らの意欲を高めることが大切です。
希望する学校の過去問題集などを繰り返し解き、出題傾向を知ることはお子さんの自信にもつながるでしょう。
小学生のとき部活動に入っていないと受験に不利ですか?

それによって受験結果が左右されるということはありません。

受験準備はいつからはじめるのが良いでしょうか。

個人差があるので、いつが最適ということはありません。

お子さんの意識や学力をよく見極め、各家庭ごとに判断されるのが良いでしょう。
家庭で気をつけることはありますか?
きちんとした生活習慣を確立することは、学習環境のみならず健康管理の面からも望ましいと考えます。
長時間机に向かうことができるようにしましょう。「勉強するのは当たり前だ」という自覚は、まず家庭で育まれるものでもあります。
親の年収や家柄が受験に影響することはありませんか?

まったくありません。

それによってお子さんが優遇されることも、不利益をこうむることも一切ありません。
私立中学のなかには独自の奨学金制度を設置している学校もあり、経済的な負担を軽減することもできます。
まだ幼い子どもに学校選びができるでしょうか?

学校のネームバリューや親の見栄で私立中学を受験させるべきではありません。

6年という長いあいだ、そこで学び、喜び、壁にぶつかって乗り越えて行くのはお子さん自身です。お子さんの素直な気持ちに耳を傾け、必ず希望を聞きながら進路を考えていきましょう。
中学受験はたしかに親の負担も大きいですが、あくまでお子さんが主役であることを忘れず、保護者は伴走者の立場で支えてあげてください。
塾へ行っていますがなかなかテストの点が上がりません。
テストの点数や偏差値、さらには受験の合否をいちばん気にしているのはお子さん自身です。結果だけを見るのではなく、また否定的な言葉を投げかけたりせず、その頑張りを評価してあたたかく見守ってあげましょう。
学習面の成長だけでなく、心と行動の成長にも大きな関心を持ってあげてほしいと思います。
通わせたい学校が自宅から遠く不安です。
通学に時間と労力はかかりますが、規則的な生活習慣に乱れが生じないよう配慮すればまず問題ありません。そのうえで学校との連絡を密にし、お子さんの学校生活をよく把握しておきましょう。
東京から愛知県へ引越します。私立中学の環境に違いはありますか。
愛知県は首都圏に比べるとまだまだ公立志向が強く、私立中学の数としては多い地域ではありません。しかし、私立中学進学希望者は増加の傾向にあります。また、首都圏に比べて中部圏の私立中学は学費負担が軽いという特徴があります。
愛知県の私立中学の初年度納付金平均額は、666,295円(平成27年度文部科学省私学助成課調べ)となっており、東京都のそれより約29%低くなっています。
私立中学ってどんなところ?
中学校一覧
日程情報
イベント情報
体験談を聞こう
MOVIE
お悩みQ&A
パンフレット資料請求
愛知県私学協会について
お問い合わせ先:
愛知県私学協会 中学校部会
〒460-0003
名古屋市中区錦三丁目11番13号
名古屋ガーデンパレス4階
TEL:(052)957-1390
FAX:(052)957-1380