体験談を聞こう

私立中学を目指したきっかけ

毎日机に向かって勉強していると、やる気が出ない時や、集中力が切れてしまうことも。
そんな時、先輩たちはいろんな工夫をしてモチベーションをコンロールしていました。
どのように効率よく勉強していたのでしょうか。先輩たちの勉強方法とリフレッシュ法を紹介します。

お子様の勉強は見ていましたか?

7割近くが勉強を見ていた派。
「はい」と回答された方の中でも、毎日勉強を見ていた方もいれば、わからない問題を聞かれた時だけ一緒に考えたという方もいました。一方で、「いいえ」と回答した方は、お子様の自主性にまかせていたようです。 お子様が自主的に勉強できるよう、皆さんはどのようにされていたのでしょうか。

お子様が自主的に勉強できるようにどんな工夫をされていましたか?

  • 教科書にふせんを貼る、書き込みたい場合はコピーを取るなど勉強しやすい工夫を手伝った。
  • それぞれの学習内容が何に役立つのか話して興味を持たせ、自ら学びたい気持ちになるよう促した。
  • 自分の部屋だけでなく、リビングや他の部屋でも勉強できる環境をつくった。
  • 勉強時間や習い事など1週間の予定を一緒に決めて、あいた時間は友達と遊べるようにした。
  • とにかく褒めて、やる気を維持できるように盛り上げた。
環境づくりや精神面に配慮。
とくに多かったのは、「静かに過ごす」「机を綺麗にする」など学習環境を整えたという声でした。時には一緒に勉強することでメリハリをつけたというご家庭も。どんな勉強方法に取り組まれていたのでしょうか。

お子様と一緒に取り組んだオリジナルの勉強方法は?

  • 卓球やペットボトルキャップ飛ばしをしながら一問一答。
  • 習い事への送迎中に、暗記カードを読むよう習慣づけた。
  • テレビや新聞のニュースを見てお互いに考えを話した。
  • 子供がテストを自作し、家族みんなで解いた。
  • 社会の漢字間違えが多かったので、毎朝10問社会の漢字テストをした。
  • 漢字を一緒に勉強し、翌日にお互い書けるか確認しあった。
ひとりじゃない心強さ。
皆さん様々な勉強方法に取り組まれているようでした。一 緒に勉強することで、単に学習面のサポートをするだけでなく、お子様の性格によっては心強く感じることもあるかもしれません。また、塾でお友達と一緒に勉強していたお子様も多くいました。

お子様はいつから塾に通っていましたか?

私立中学を意識した時期とリンク
私立中学への進学を考え始めるタイミングとして、小学3年生から5年生というご家庭が多く、勉強する習慣づけのために通塾を始めるケースが多いのかもしれません。一方で、塾に通わなかったというご家庭は全体の6%、塾の他に家庭教師や通信教育などで勉強したというご家庭は全体の5%ほどありました。

受験勉強の気分転換に、お子様とどんなことをしましたか?

選択肢になかった50%
  • テレビでサッカー観戦して親子で盛り上がった
  • お菓子作りをして勉強の合間に食べた
  • 日帰り旅行や外食をして家にこもりきらないようにした
  • 犬の散歩やサイクリングなど軽く体を動かした
勉強から離れてリフレッシュすることも大切。
勉強はお子様の自主性にまかせていたというご家庭でも、適度に保護者から声をかけて休憩時間をつくっていたようです。自宅でお子様の好きなことを一緒に楽しんだり、休日には外食など少しお出かけしていたという方が多くいらっしゃいました。短時間でも勉強から離れて一緒に楽しめることがあると、いいコミュニケーションの機会になり、お互いのリフレッシュになるかもしれません。

ほかの保護者の方とはどのようなお付き合いをされてましたか?

無理のないお付き合い。
ほかの保護者とは挨拶や立ち話をする程度で、深いお付 き合いはしていない方が多い印象でした。一方で、連絡を取り合っていたという方もおり、情報交換やサポートする大変さをわかちあったということでした。同じ立場の保護者と話すこともリフレッシュになっていたようです。

保護者の方自身のリフレッシュ方法は?

お子様と一緒に楽しむ、一人の時間でちょっと息抜きをするなど、皆さん適度にリフレッシュの機会をつくっていたようでした。ご家庭の状況にあわせて、ときには息抜きしながら大らかな気持ちで過ごせるといいですね。
私立中学ってどんなところ?
中学校一覧
日程情報
イベント情報
体験談を聞こう
LINE
お悩みQ&A
パンフレット資料請求
愛知県私学協会について
お問い合わせ先:
愛知県私学協会 中学校部会
〒460-0003
名古屋市中区錦三丁目11番13号
名古屋ガーデンパレス4階
TEL:(052)957-1390
FAX:(052)957-1380